blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

W・S

Author:W・S
神道信者
性別:男
人種:日本人
前世:マハトマ・ガンジー
好きなこと:武勇伝、馬鹿騒ぎ、毒舌、ボケとツッコミ
嫌いなこと:自分の恐れに向き合うこと

FC2チャット
カテゴリー
最近の記事
FC2ブログランキング
ブログ内検索
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
1221位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
71位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20130420]
過激思想のかかわり焦点に=容疑者回復待ち追及へ―米ボストン爆弾テロ

時事通信 4月20日(土)16時53分配信

 【ボストン時事】170人以上が死傷した米マサチューセッツ州のボストン・マラソン爆弾テロ事件は19日、容疑者が身柄を拘束されたことで大きな節目を迎えた。捜査当局は、重傷を負ったジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)の回復を待って厳しく追及し、2001年の同時テロ後では最多の死傷者を出した事件の全容究明を急ぐ。
 最大の関心の一つは動機だ。同容疑者はボストン近郊で暮らすチェチェン人の学生。警察との銃撃戦で19日に死亡した兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)ら家族と共に、02年に米国に移住したと報じられている。
 両容疑者は近年、イスラム教への関心を深めていたと報じられているが、イスラム過激思想とのかかわりははっきりしない。米政府当局者はCNNテレビに「(国際テロ組織)アルカイダとの直接の関係はない」と述べている


 いくら過激思想やましてやアルカイダなどの犯罪組織との関わりがなくとも何らかの犯罪に走るような動機があれば、誰でも今回のような事件まではいかなくとも、大都市の機能をマヒさせる事件は、交通機関が発達した先進国のどこでも起こりえる。凶器なしで、犯行予告の電話1つ、わずか100円と公衆電話1つで。
 なので今回の事件に触発される形でそういうような事件がアメリカで相次ぐ可能性は十分にある。警察や政府は今回の事件の全容解明だけでなく、そうならないようにするにはどうしたらいいのかを真剣に考えそれにも力を注ぐべきだ。
 

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
関連記事
2013-04-20(Sat) 19:32 アメリカの犯罪 | TB(0) | 編集 |
⇒ http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/tb.php/840-a016847c




copyright © 2005 W・S all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。