blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

W・S

Author:W・S
神道信者
性別:男
人種:日本人
前世:マハトマ・ガンジー
好きなこと:武勇伝、馬鹿騒ぎ、毒舌、ボケとツッコミ
嫌いなこと:自分の恐れに向き合うこと

FC2チャット
カテゴリー
最近の記事
FC2ブログランキング
ブログ内検索
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
999位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
63位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20121218]

銃の野放しおかしい…服部剛丈さんの父

読売新聞 12月15日(土)18時5分配信

 「銃が野放しにされている状況では、今回のような事件は後を絶たないのでは」――。米北東部コネティカット州の小学校で起きた銃乱射事件について、20年前に米国で長男を射殺された服部政一さん(65)(名古屋市港区)は厳しい口調で語った。
 服部さんの長男で、高校2年生だった剛丈(よしひろ)さん(当時16歳)は1992年10月、留学中のルイジアナ州バトンルージュ市で射殺された。服部さんは銃規制を求める運動を続けており、今年10月には、事件から20年を機に同市で開催された、剛丈さんの追悼と米社会に銃規制を訴える記念行事に出席したばかり。
 服部さんは「誰でも簡単に銃を手に入れられる米国の現行法は、やはりおかしい。銃を持つ権利を認めるならば、管理する義務を課すべきではないか」と指摘。その上で「所持できるようになる前に、銃の扱い方を学ばせ、適性を見極めた免許制を導入するなどし、同様の悲劇が二度と起こらないように努めるべきだ」と訴えた。
.
最終更新:12月15日(土)18時5分


 「銃の野放し」だけではなくてアメリカの平時の社会の状況と国民性ないし法律が今回のような事件や日本人留学生射殺事件を起こすことの原因だと思います。
 同じ銃社会でもカナダでは日本よりかは銃による犯罪が多いですがアメリカほどほど多くはありませんから(銃犯罪による死者の数がアメリカとカナダでは文字通り桁違いです)
 だから銃規制も大切だけれどそれと並行して平時の社会の状況や国民性を変えていかないといけない。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
関連記事
2012-12-18(Tue) 04:33 アメリカの犯罪 | TB(0) | 編集 |
⇒ http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/tb.php/664-2192642d




copyright © 2005 W・S all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。