blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

W・S

Author:W・S
神道信者
性別:男
人種:日本人
前世:マハトマ・ガンジー
好きなこと:武勇伝、馬鹿騒ぎ、毒舌、ボケとツッコミ
嫌いなこと:自分の恐れに向き合うこと

FC2チャット
カテゴリー
最近の記事
FC2ブログランキング
ブログ内検索
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
52位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20081026]
 審理長期化必至か 三浦容疑者、サイパン逮捕劇から半年経過
 
 8月22日9時26分配信 産経新聞

 【ロサンゼルス=松尾理也】ロス疑惑銃撃事件で、元会社社長、三浦和義容疑者(61)=日本で無罪確定=が米自治領サイパン島で、殺人と共謀の容疑で逮捕されてから22日で半年が経過した。検察側が描いた「ただちにロスに身柄を移送し、陪審による公判を開始する」との筋書きは大きく崩れ、三浦容疑者はサイパンにとどまったまま、審理は長期化しつつある。
 司法プロセスは着実に動いてはいる。三浦容疑者が申し立てた逮捕取り消し請求で、身柄移送をめぐり検察側の完全な敗北に終わった。その後、審理は争点を「一事不再理」(同じ罪で二度裁かれることを禁じる規定)に移し、実質的なやりとりに踏み込んだ。
 15日、ロス郡地裁トーランス支部で開かれた審理には、検察側が日本の法制度の専門家として、ミシガン大法科大学院教授を証人に立てた。教授は「日本の共謀共同正犯と米国の共謀罪では構成要件が異なる。日本で共謀罪で裁かれたことにはならない」と検察側主張に沿う証言を行い、三浦容疑者側のゲラゴス弁護士をいらだたせた。
 身柄移送をめぐる審理では、大方の予想を覆して有利な判断を勝ち取ったゲラゴス弁護士。自らの主張を補強するため、日本から証人を招く可能性も指摘されている。
 カリフォルニア州は2004年、国外での訴追を「一事不再理」規定から除外する法改正を行った。この規定が時期をさかのぼって今回の逮捕に適用されるかどうかも今後の大きな争点だ。それぞれ白熱した議論が予想されるうえ、敗訴した側が控訴する可能性も極めて高く、長期化は避けられないとの見方が強い。
 三浦容疑者は7月末、61歳の誕生日を迎えた。15日の審理ではインターネットによる中継で、審理に熱心に耳を傾ける姿が法廷のスクリーンに映し出された。
 サイパンのメディアによると、最近になって新しい収容施設に移り、6平方メートル弱の独房で過ごしている。旧施設の独房には窓があったが、新施設にはなく、壁で囲まれているという。さらに知人からの差し入れの日本食も受け取れなくなり、待遇はさらに厳しくなっているようだ。


 三浦容疑者がサイパンの刑務所に拘留されて半年がたつのか・・・・・・司法プロセスは着実に動いてると言うが、遅かったら意味があまりないじゃないだろうか。
 今回の裁判は日本からも証人が来る可能性があったり、弁護士や裁判官がエリート中のエリートだったりで、色々スケールがでかいものになりそうだが、それもまだまだ先の事かもしれませんね。
 それにしても、日本では殺人事件の時効は20年だけど、アメリカでは殺人事件に時効がない、そのため何十年前の事件にも捜査本部を立ち上げて調べ続ける。
 それによってその事件の新たな真相が明らかになることもあるのだろうけど、年間の殺人事件の数が、日本の十数倍もある国で、大半の事件は明らかにならないことのほうが多いじゃないのか?
 だけど今回は、20年たってやっと三浦容疑者を逮捕したが、逮捕に時間がかかったから、裁判も長期化するということなのだろうか?
 そんな事は長期化の言い訳にはならない。
 もしそれで長期化するなら、何十年前もの事件の容疑者なら、無罪か有罪かも解らず、容疑者が寿命で死亡し、事件が謎のまま終わってしまう。
 それではその事件の被害者も納得しないし、その事件の容疑者を弁護する弁護士も納得しない。
 仮に長期化するなら、一度無罪になった人間に対し、環境の悪い刑務所に入れるのはとんでもない。
 狭く日の差さない独房に入れ、差し入れなどを制限し、まるで三浦容疑者が、凶悪な事件で有罪が確定する事前提のような扱いであり、そういう扱いが、アメリカでの裁判は陪審員制のため、陪審員達に「こいつが犯人だ」との偏見を植え付け、間違った判決が出ることもあるかもしれない。
 それ以外にも、本人を追い詰め、自殺にまで追い込む事もあるので、まだロスに移送しなかったり、有罪か無罪かもわからないで、裁判も始まっていない段階から、この扱いは酷すぎる。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
関連記事
2008-10-26(Sun) 20:29 アメリカの犯罪 | TB(0) | 編集 |
⇒ http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/tb.php/33-7f3f3405




copyright © 2005 W・S all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。