blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

W・S

Author:W・S
神道信者
性別:男
人種:日本人
前世:マハトマ・ガンジー
好きなこと:武勇伝、馬鹿騒ぎ、毒舌、ボケとツッコミ
嫌いなこと:自分の恐れに向き合うこと

FC2チャット
カテゴリー
最近の記事
FC2ブログランキング
ブログ内検索
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
61位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20080715]
被害者である著者が語る衝撃の事実 「私は淫乱のアバズレにファ××されかけ魂と精神を弄ばれた」
 
 私は「秋葉原通り魔事件」や、「バージニア工科大学銃乱射事件」のニュースで、「犯人が異常だ」、「犯人は危険な奴だ」と言う、コメンテーターのコメントや、そういう内容の新聞や、雑誌をよく目にするし、目にしたが、私はこれらの事件の犯人達のように、学校や歩道といった公の場で、人を殺しまくる犯人や、その犯人を支持

する人達よりも、誰とでもファ××する奴のが、危険極まりないと思う。
 
そいつらは、騙せそうな人、すぐ落ちる人とは誰とでもファ××し、

その人が飽きたり、気に食わなければすぐに別の人に乗り換え、

ファ××し、飽きたらまた捨てる。
 
 そして、自分がファ××した

 人に、「誰とでもファ××する奴」と言う穢れた烙印を与え、


さらに意図的に性病をうつさせ、その人が、「〔騙されてファ××

したから、〔誰とでもファ××する奴〕だから

性病になった」という辱めを受けさせ、その人の友人や、

学校の同級生、会社の同僚、会社の上司はもとより、その人の親族や、自分の担当の医者達にも、自分自身の心身に焼き付けられた穢れた烙印により、その関係性を破壊し、信頼などを完全に崩壊させ、一家離散、会社からの解雇、学校からの退学、

さらにエイズなどの不治の病をうつされた日には、その人と、

その人の家族を何世代にもわたり、癒えることの無い、終わらない苦しみを与え続けるのだ。
 このように、公の場で人を殺しまくる犯人により、殺される、傷つけられるといった被害を受けた被害者は、「被害者」とし、世間では同情され、理解され、支援する会などができ、支えてくれる人がいるが

性犯罪に関しては、被害者が、刑事告訴しずらいし、また、

刑事告訴をしたらしたで、裁判などで自分のされたこと

が公になるため、被害者の被害を2乗にも3乗にも広げることになるのだ。

私はある雑誌で「性犯罪は魂の殺人だ」というのを見たことがあるが、

全くその通りだし、殺人以上の行為だと思う。
 
私は実際、誰とでもファ××する淫乱の異常者に、

予備校で、そいつに付き合っている異性がいるのに、常に付きまとわれたことがあり、勉強、友人達との付き合いもすべて妨害され、友人達の私に対する信頼を

ぶち壊された。

 ほかの人にも、特にこの異常者が嫌いな奴や、そいつに騙された奴と

浮気とセックスの勧誘を受けた奴が、私を毛嫌いするようになった。

 つまり誰とでもファ××する奴は、被害者同士をも傷つけあうよう

にするということができるのだ。
 私はこのカス野郎に、「今付き合っている人が気にいらないから、○○さん(私の名前)が浮気相手になってく
れ」とか、

「○○さん(私の名前)とセックスしたいんだけど」といことや、

終いには「何人もに浮気したのがばれたからどうしよう」と言った、めちゃくちゃな相談を受け、予備校の教師に相談すると、「もうその子とは話さないほうがいい、それでもしつこく付きまとうなら、先生達がその子や、その親にちゃんと対応しておくから」と言うことで、このゴミ野郎をふるように言われたので、その翌日、このキチガイ野郎をふって、その後全速力で、家に帰った。
 普通ならこれで、終わりなのだが、このクズ野郎は、翌日私が予備校に行くと、何食わぬ顔で私に話しかけてきやがった。
 そのため私は怒りが頂点に達し、大喧嘩の一歩手前までの状態になり、教師が3人がかりで、止めに入ったため、暴力事件には発展しなかったが、私は止めた教師に「何でこんなめちゃくちゃな奴を予備校に入れたんだ」などと抗議し、その日は、私は何も咎められることなかったが、私に常付きまとったストーカー野郎は、下校時間を過ぎても、予備校に取り残され、説教されていていた。
 それ以降も、この有害野郎は、私に常付きまとわなくはなったが、私が廊下で会うと、「童貞」といった暴言を吐くなど、今でも嫌がらせが続いている。
 こういう危険人物は、武器を持たずに、何人、何十人もに、殺人以上の被害を与えることができるのだ。
 私はこういう害虫共を、全員生きたまま焼いてやりたい。
 私はアメリカの銃社会の情報をネットで調べていると、たまに、

アメリカの性犯罪の資料も出てくることがあるので、

それも調べたことがあるのだが、アメリカでは、『付き合っている異性がいて、その人と肉体関係を持っているのに、他の異性とも肉体関係を持っている奴や、無責任な性交による「できちゃった結婚」をする人がいっぱいいる』、『アメリカでは、性教育をしていないから、

性病に感染する人が多い』と言った記述があり、まるで、

ちゃんとした性教育をしないから、性犯罪が増えているように思えてならない。

 私は、このような犯罪に巻き込まれかけた経験からして、もしも日本が、ちゃんとした性教育をしないと、

アメリカのような、性犯罪と、性病が蔓延する国になるような気がしてならないのだ。

 私からすれば、殺人者や、犯罪者に対し、厳罰を下すよりも、

それよりも危険な奴らに対して、ちゃんとした教育をして、そいつらのイカレタ神経を0からたたき直すべきだと思う。
 
特に、誰とでもファ××する奴に関しては、

病院などに強制入院させ、性教育をしっかり行うべきだ。
 
性犯罪の被害者をこれ以上増やさないために。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
関連記事
2008-07-15(Tue) 16:26 著者は思う | TB(0) | 編集 |
⇒ http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/tb.php/11-1d7ed144




copyright © 2005 W・S all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。