blog top Category Archive All title Search RSS Admin
プロフィール

W・S

Author:W・S
神道信者
性別:男
人種:日本人
前世:マハトマ・ガンジー
好きなこと:武勇伝、馬鹿騒ぎ、毒舌、ボケとツッコミ
嫌いなこと:自分の恐れに向き合うこと

FC2チャット
カテゴリー
最近の記事
FC2ブログランキング
ブログ内検索
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ニュース
1103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外
68位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20080530]
ブログを立ち上げるにあたって

 このブログは、主に、アメリカでの銃による殺人事件を記載し、アメリカの銃社会の恐るべき実態や、銃が如何に殺人を誘発するのかを伝えるべく立ち上げました。
 きっかけは、2007年4月16日にアメリカで起きた、バージニア工科大学銃乱射事件という、韓国人の学生が銃を乱射し、32人を殺害するという世界を震撼させた事件で、私はこの事件以降、この事件に関するサイトや、銃による殺人事件を調べるようになりました。 
 すると、銃による多くの事件が、銃が大幅に規制されている日本では、まず起きない事件ばかりでした。そういう事件が、アメリカでは年に何回もおきています。
 日本では、銃による事件が発生するたんびに「銃をもっと規制しろ」とか、「警察の銃所持者に対する対応が甘い」と、警察や、政府に批判の声が上がります。日本には「銃刀法」と言う、銃や危険な刃物の所持を大幅に規制する法律があるのにです。
 しかしアメリカでは逆に「銃をもっと自由に持ち歩けたり、どこにでも置くようにしよう」と言うのです。
 また日本では銃による殺人事件の死者が、年間100人以上行くことはめったに無いし、また所持許可の銃砲は全国で約40万丁なのに対し、アメリカでは、毎年1万人以上が銃による殺人事件の犠牲になり、2億丁以上も所持許可の銃砲があり、その中には、軍用の機関銃や、対戦車ライフルもあります。

市販されている対戦車ライフルバレットM82 
市販されている対戦車ライフル[バレットM82]
(ウィキぺディアより抜粋)
 

 銃を大幅に規制した国と、銃大国のどちらの治安が悪いかは、このデーターから一目瞭然です。
 アメリカの銃社会を後押しする銃愛好家の市民団体(日本では犯罪者集団)の、銃を肯定するスローガンでは「人を殺すのは人であって銃ではない」と言いますが、「大量殺人を可能にするのは銃であって素手ではない」のです。
 アメリカの銃社会を批判するドキュメンタリー映画「ボーリング・フォー・コロンバイン」(監督:マイケル・ムーア)に登場する、カナダ人のコメントで「もし銃が身を守る物ならアメリカは世界一安全な国になっているはず、でも現実は違う」と言ってますが、今の日本と、米国の治安の状況を考えると、まったく持ってその通りだとしか言いようがありません。
 またこのブログでは、このブログを立ち上げるきっかけになった、バージニア工科大学銃乱射事件の犯人に対する手紙も記載する予定です。

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

関連記事
2008-05-30(Fri) 17:26 ブログの説明 | TB(0) | 編集 |
⇒ http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/tb.php/1-d5cbc64d




copyright © 2005 W・S all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
QRコード
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。